子どもは鏡。
鏡を磨くのではなく鏡に磨かれて、
いい塾、いい講師が育つ。

代表取締役会長 総塾長 成瀬 正

メッセージを読む »

1983年、夏。シモングループの基となる志門塾が、岐阜県大垣市の一隅に誕生しました。高邁な教育理念があったわけではありません。むしろ生きていくため他に選択の余地がなかったというのが正直なところです。しかし、子どもたちと関わる中で、その素晴らしさに魅せられ、のめり込んでいきました。子どもは大人が本気で関われば、思いがけない可能性を見せてくれます。やればやるほど、もっともっと子どもたちの成長を応援したいという気持ちが大きくなっていきました。子どもたち一人ひとりが夢を実現し、幸福な人生を送れるようにするために何をしなければいけないか。そういうことを真剣に考えるようになったのです。

子どもたちは皆、実に個性的です。ある一人の子に対して手応えのあったやり方が、別の子には全く通じないということもしばしばです。試行錯誤しながら子どもたちと関わるうち、やがて一つの確信に至りました。それは、夢を実現して幸せな人生を送るためには、勉強が出来るようになるだけではダメで、優れた人格や豊かな人間性が欠かせないということ。そして、人間性を育てるには、優れた人間性を持つ魅力的な大人が本気で関わる以外にない、という確信です。それは、今振り返ると、毎日関わっていた子どもたちが教えてくれたことなのだと、つくづく実感します。

子どもたちを見ていると自分の姿がよくわかります。授業はもちろんのこと、子どもに対する態度の一つひとつに至るまで、自分の言動の良し悪しが手に取るように、まさに鏡を見るように映し出されてしまいます。「先生!もっとこんな風になってね。先生のこと大好きだから。お願い!」まずい授業をすると、子どもたちはそんな雄弁なまなざしで見つめてきます。そうやって講師を育ててくれるのです(本当にどちらが先生かわかりません)。ますます子どもたち以上に自分たちが成長し続け、挑戦し続ける以外に、子どもたちの輝かしい未来は有り得ないということが身に沁みてわかりました。

「信頼を得て人生で成功するために、人格形成を通して真の学力を上げる」という志門塾の理念は、そのような子どもたちとの幾多の関わり、その蓄積の中から生まれたものです。というわけで、私たちの考えるいい塾は、子どもたち以上に、講師である我々が成長し続け、困難にも挑戦し続けることで、子どもたちより先に、まず大人が卒先して人格形成を行う塾。そして、子どもたちにとっていつまでも魅力的な存在であり続け、とことん関わり続ける塾なのです。

メッセージを読む »

シンプルに目指します、
子どもたちにとって最高にいい塾を。

代表取締役社長 川瀬憲司

メッセージを読む »

テレビの金八先生に憧れて教師になりたいと思っていた中学時代。昔から子どもは大好きでした。大人の方はというと、周りを見てもまったく楽しそうではなかった。そんな大人が嫌で反抗ばかりしていました。大学は教育学部に進みましたが結果的に中退をして、学校の先生になる道を自ら閉ざしてしまいました。それでも子どもに関われる仕事がしたくて塾講師職を探しましたが、どこも大卒が条件で、諦めかけていた時、学歴不問という学習塾が一つだけあったのです。それが志門塾との出会いでした。こんな自分を拾ってくれただけでなく、本当に自由にやらせてもらいました。子どもが好き過ぎて、子どもたちが喜ぶことなら何でもしてやりたい。どんなに忙しくても楽しくて仕方がありませんでした。

子どもは素直で純粋です。周りにいる大人の関わり方次第で良くも悪くもなります。そんな子どもたちの反応が嬉しく、また面白くて夢中でやっていましたが、子どもたちが素直であればあるほど、一方である種の怖れも感じるようになりました。ある時、準備不足のまま授業に入ってしまったのですが、なぜかいつも以上に子どもたちが喜んでくれたことがありました。「こんなにいい加減な準備で臨んだ授業で、こんなにうけてしまっていいのか?」子どもたちへの後ろめたさで怖くなったのです。以来、授業の準備に対する姿勢が変わりました。その時の申し訳なさは今も心に残っています。子どもたちの純粋さに、逆に教えられた未熟な大人が自分です。

子どもが変わった、今どきの子は、などと簡単に言われてしまいますが、いつの時代も子どもは変わらないと思っています。変わったのは大人の方で、子どもが問題を起こしたりするのは、すべて周りの大人や社会に責任があると思います。いつも大人のそばに来たがり何かと話し掛けてくる子、面白いことを言って全員が笑っているのに一人だけ頑なに無表情を貫こうとする子、みんなの輪に入れずいつも片隅で大人しく机に向かっている子。どんな子もその子に合った関わり方で受け入れ、居場所を作ってあげる。どんな子もその子に合う勉強方法とやる気になる言葉で成績を上げて喜ばせる。一斉授業の利点を活かし仲間同士の切磋琢磨で相乗的に効果を上げる志門塾。個別指導で100人100通りのきめ細かな指導ができるHOMES個別指導学院。そして塾だからこそ可能な、結果が出る英会話のハローズ。シモングループは、21世紀をたくましく生きる子どもたちに必要な大切なことを、信頼できる大人の本気の関わりによって伝え、塾に通った時期だけでなく、その後も一生関わりたくなる場所を目指しています。

30年前、反抗ばかりしていたあの頃にシモングループがあったら自分はどうなっていただろうと考えることがあります。きっと、反抗して見向きもしなかったと思いますが、自分のような子どもにも大きな懐で関わってくれる大人を、心のどこかで求めていた気がします。それが、今シモングループが目指しているいい塾のありように、どこか反映しているのではないかと思っています。

メッセージを読む »